専攻医の一日の動き

当科の専攻医の一日をご紹介します。

  1. 8:45
    申し送り

    前日の当直帯の申し送りに加え、当日の予定に関して医師間で共有します。

    朝の申し送り
  2. 9:00
    ベッドコントロール、保護室回診

    病棟に病棟医、病棟看護師、外来看護師、精神保健福祉士が集まり、多職種で入院患者さん、外来患者さんの動向を共有します。その後、精神保健指定医による保護室回診があります。

    ベッドコントロール、保護室回診
  3. 10:30
    ニューケースカンファレンス

    直近の1週間に入院した患者さんに関して、受持医がプレゼンテーションし、病棟医、病棟看護師、精神保健福祉士で共有します。診断や治療方針に関して、他の診療チームからの意見を聞くことができます。

    ニューケースカンファレンス
  4. 11:30
    チャートカンファレンス

    各診療チームに分かれ、チーム内の各患者さんの現行の治療、今後の方針などに関してディスカッションします。チーム内の医師のみならず、病棟看護師、精神保健福祉士も加わり、退院に向けて多職種で話し合います。

  5. 12:30
    昼休み

    医局の雰囲気

    病棟の隣にカンファレンスルームがあり、そこが病棟医の休憩の場にもなっています。学年を超えて医師同士で患者さんの治療方針等に関して相談する光景も見られ、また、医局秘書の手作りのパンが振る舞われることもあり、アットホームな医局を象徴する場となっています。

    お昼休憩
  6. 13:00
    修正型電気けいれん療法、
    病棟業務、リエゾン業務

    毎週水曜日、金曜日に、ナースステーションに隣接する電気けいれん療法室で、麻酔科医立ち合いの下、修正型電気けいれん療法が行われます。病棟内で修正型電気けいれん療法が行えるのも北里大学病院精神神経科病棟の特長です。また、それ以外の時間は、受け持ち患者さんの回診、検査のオーダー、ご家族の方々への治療経過説明などの病棟業務を行い、他の診療科からリエゾン依頼があった場合、その病棟に出向き、患者さんの診療に当たります。

    修正型電気けいれん療法、病棟業務、リエゾン業務
  7. 16:30
    申し送り

    その日の当直医への病棟、外来、リエゾンの患者さんの申し送りを行います。

  8. 17:00
    病棟業務など

    病棟業務を行ったり、先輩の医師とディスカッションしたりすることがあります。その日の業務がすべて終わり、かつ、後述する医局会がなければ、この時刻に退勤することもあります。

    病棟業務など
  9. 17:30
    医局会/ケースカンファレンスなど

    毎週火曜日は作業療法室で医局会が開催され、医局内での連絡事項などを共有します。その後は、ケースカンファレンス、抄読会などが行われます。ケースカンファレンスでは、入院中の患者さんのうち、診断や治療方針に関して相談したい患者さんについて、実際に科長による診察を経て、研修医から上級医まで発言し、じっくりとディスカッションします。

    ケースカンファレンス/研究会
  10. 21:00

    毎月の第3金曜日に、院外の先生を講師に迎え、ZOOMによる勉強会が開催されています。その道の第一線で活躍されている先生方の講義を聴講できる、またとない機会となっています。

専攻医2年目以上は・・

専攻医2年目以上の先生で外来診療を担当します。 初診は上級医が担当するため専攻医は再診外来が主となり、じっくりと経験を積むことができます。 神経症圏から統合失調症、気分障害や器質性疾患など幅広い症例を経験することができます。

専攻医2年目以上