ご挨拶

ご挨拶

主任教授
宮岡 等

精神科の後期研修では急性期治療、慢性期治療、精神科救急、老年精神医学、リエゾン精神医学、児童精神医学、司法精神医学などを学ばねばなりません。バランスのとれた精神科医を育てるためには、コーディネーターとなる施設とその施設の長が後期研修の研修内容全体を把握して調整すべきと考えています。北里大学医学部精神科では、北里大学東病院と北里大学病院で、規模の大小はあるにせよ、これらのすべてを経験し、さらに大学での研究会等に参加しやすい距離にある教育関連病院でより個々の領域を深く学ぶことができます。
ある研修医の先生から「精神科では特別な装置が必要ないし、大学病院よりも収入がよいので、すぐ単科の精神科病院に勤務して研修しようかと思っている」という相談を受けました。まず、私は大学関連病院として、教育関連病院と連携して後期研修で求められる研修内容全体を学べる教育プログラムを組み、教育関連病院に出向中であっても教室の各分野の専門家にいつでも相談でき、教室内の研究会や研究資料を利用できる体制が必要と考えています。その意味で、他の精神科病院に負けないようなプログラムを提供しなければならないし、それを実現するように努力しています。また精神科専門医の資格基準も精神科医の質を高いレベルで保証できるような方向に進んでいますから、当教室のような系統的なプログラムによる研修がますます重要となってくるでしょう。

宮岡 等
  • 宮岡等のブログ
  • 宮岡等の「精神科医のひとりごと」